お知らせ

No Image
公式アカウント

【広域情報】新型コロナウイルス感染症に関する南アフリカ・オーストラリア・英国に対する新たな水際対策措

2020年12月25日 メールマガジン第660号

12月25日、外務省領事サービスセンターから広域情報「新型コロナウイルス感染症に関する南アフリカ・オーストラリア・英国に対する新たな水際対策措置」が発出されましたのでお知らせいたします。

【内容】
●12月25日、日本において新たな水際対策措置が決定されました。
https://corona.go.jp/news/pdf/mizugiwataisaku_20201225.pdf
https://corona.go.jp/news/pdf/mizugiwataisaku_20201225_02.pdf
●本件措置の主な点をお知らせ致しますので、南アフリカ・オーストラリア・英国からの日本への帰国等の際には、御留意いただくとともに、最新の情報を御確認ください。

12月25日、日本において南アフリカ・オーストラリア・英国に対する新たな水際対策措置が決定されました。本件措置の主な点は以下のとおりです。

●南アフリカからの新規入国の一時停止(日本国籍者は対象外)
本年10月1日から、防疫措置を確約できる受入企業・団体がいることを条件として、原則として全ての国・地域からの新規入国を許可しているところですが、12月26日以降、当分の間、この仕組みによる南アフリカからの新規入国を拒否します。
(注)上記に基づく措置は、12月26日午前0時(日本時間)前に外国を出発し、同時刻以降に到着した者は対象としません。

●南アフリカへの短期出張からの帰国・再入国時における特例措置の一時停止(日本国籍者も対象)
本年11月1日から、日本在住の日本人及び在留資格保持者を対象に、全ての国・地域への短期出張からの帰国・再入国時に、防疫措置を確約できる受入企業・団体がいることを条件に、14日間待機緩和を認めているところですが、12月26日以降、当分の間、この仕組みによる南アフリカからの帰国者・再入国者については14日間待機緩和を認めません。

●検疫の強化(日本国籍者も対象)
(1)南アフリカから帰国する日本人については、新たに出国前72時間以内の検査証明を求めます(12月29日の帰国者から当分の間)。帰国時に検査証明を提出できない帰国者に対しては、検疫所長の指定する場所(検疫所が確保する宿泊施設に限る。)で14日間待機することを要請します。また、12月26日以降、当分の間、新たに帰国時に位置情報の保存等(接触確認アプリのダウンロード及び位置情報の記録)について誓約を求めます。
(2)南アフリカから再入国する在留資格保持者については、出国前72時間以内の検査証明を求めていたところですが、これに加え、12月26日以降、当分の間、新たに入国時に位置情報の保存等(接触確認アプリのダウンロード及び位置情報の記録)について誓約を求めます。
※ 以上の対象者は、本邦への帰国日又は上陸申請日前14日以内に南アフリカにおける滞在歴のある方になります。
(3)英国及び南アフリカから入国して14日間経過していない者について、健康フォローアップを強化します。
(4)オーストラリアは入国拒否対象地域とはなっておらず、本邦への帰国又は上陸申請日前14日以内に同国滞在歴のある者について、空港での検査を原則実施していませんが、12月26日以降は、新たに空港での検査を実施します。
※ 上記(4)の対象者は、本邦への帰国日又は上陸申請日前14日以内にオーストラリアにおける滞在歴のある方です。

●南アフリカへの短期渡航の自粛要請(日本国籍者も対象)
南アフリカには現在、感染症危険情報レベル3(渡航中止勧告)を発出しています。日本在住の日本人及び在留資格保持者に対し、日本への帰国・再入国を前提とする南アフリカへの短期渡航を当分の間、自粛するよう改めて要請します。

●変異株流行国からの入国者の宿泊施設での待機及び検査
12月26日以降、英国及び南アフリカ共和国からの入国者については、検疫所長の指定する場所(検疫所が確保する宿泊施設に限る。)での待機を求めます。その上で、入国後3日目において、改めて検査を行い、陰性と判定された者については、検疫所が確保する宿泊施設を退所し、入国後14日間の自宅等での待機を求めることとします。
なお、英国及び南アフリカ共和国からの入国者のうち、出国前72時間以内の検査証明を入国時に提出できない日本人について、検疫所長の指定する場所(検疫所が確保する宿泊施設に限る。)で14日間待機を求めている取扱いは、従前のとおりです。
※ 上記措置の対象者は、本邦への帰国日又は上陸申請日前14日以内に英国又は南アフリカ共和国における滞在歴のある方です。

●変異株流行国からの航空便の搭乗人数の抑制
英国からの航空便について、当面1週間新規予約の受付を原則停止し、既存予約分でのフライトとします。その後は、搭乗客数を抑制した運航とします。

●本措置は南アフリカ・オーストラリア・英国からの入国者に対する措置であり、これら以外の国・地域についてはこれまでの水際措置に変更ありません。

※ 外務省感染症危険情報発出国については、外務省海外安全ホームページ( https://www.anzen.mofa.go.jp/ )を御確認ください。
※ 査証制限措置対象国については外務省ホームページを御確認ください。( https://www.mofa.go.jp/mofaj/ca/fna/page4_005130.html )

(問い合わせ窓口)
○厚生労働省新型コロナウイルス感染症相談窓口(検疫の強化)
日本国内から:0120-565-653
海外から:+81-3-3595-2176(日本語、英語、中国語、韓国語に対応)

○出入国在留管理庁(入国拒否、日本への再入国)
電話:(代表)03-3580-4111(内線4446、4447)

○外国人在留支援センター内外務省ビザ・インフォメーション
電話:0570-011000(ナビダイヤル:案内に従い、日本語の「1」を選んだ後、「5」を押してください。)一部のIP電話からは、03-5363-3013

○海外安全ホームページ
https://www.anzen.mofa.go.jp/ (PC版・スマートフォン版)
http://www.anzen.mofa.go.jp/m/mbtop.html (モバイル版)


このメールは、当館メールマガジンに登録されたメールアドレスに自動配信されています。

【問い合わせ先】
在ミュンヘン日本国総領事館
HP:https://www.muenchen.de.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html
メール:sicherheit@mu.mofa.go.jp
電話:089-4176040
FAX:089-4705710

※当館からのメールの配信停止は、次のURLから停止手続きをお願いいたします。
(当館メールマガジン)
https://www.ezairyu.mofa.go.jp/mailmz/delete?emb=muenchen.de
(たびレジ簡易登録)
https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/simple/delete

  • [登録者]在ミュンヘン日本国総領事館
  • [言語]日本語
  • [TEL]089-417-6040
  • [エリア]München, Bayern, Germany
  • 登録日 : 2020/12/25
  • 掲載日 : 2020/12/25
  • 変更日 : 2020/12/25
  • 総閲覧数 : 32 人